ブログ

DSC04778

2014年11月8日 焼成炉 「ぼん1号」

ポーセラーツ長野 横山まゆみです。 今日は当サロンで皆さまの大切な作品を黙って黙々と焼成している「ぼん1号」についてのお話しです。サロンの片隅に60cm×60cm×60cm角の白い物があるでしょ?これが焼成炉です。大体夕方にスイッチオンします。約1時間半後に450℃になります。その時に転写紙からガスが出るんですよ。だから窓全開!! 450℃になったら焼成炉の上部に小さな穴が空いているんですが、その2つの小窓をしっかり塞ぎます。それから急ピッチで温度が上昇します。、800℃まで、ねらしと言って一定の温度で止まったりしながら上昇していきます。800℃に到達したら今度はゆっくり時間をかけながら、下がってきます。ねらしの時間もあります。その頃は深夜です。そして翌朝大体6時~8時に120℃になります。そしたらスイッチオフです。そこから自然に温度が下がるのを待ちます。作品を取り出すのは、スイッチオンしてから約21時間後で、出来上がり~。そして数時間後に次の焼成スタートする時もあります。当サロンの焼成炉には名前がついてます。「ぼん1号」。実はぼんって主人のニックネームなんです。私はベティーぼんぼんなんですが、私がポーセラーツサロンやりたいって言ったら主人がプレゼントしてくれたので、名前をつけました。主人と同じように故障しないで、しっかり働いてもらいたいとの願いを込めました。焼成炉を外に置く方もいますが、何だか外で働かせるのは可愛そうでお部屋の中に入れようって初めから思っていました。ぼん1号だから2号3号もありかな? ...

もっと読む
DSC04747

2014年11月7日 すてきなバラプレート

ポーセラーツ長野 横山まゆみです。私は木曜日 金曜日 お休みですが、焼成炉の「ボン1号」はお休みが無くて夜中も働いています。「ボン1号」の焼成炉については、皆さんも中はどうなっているの?何度で焼くの?など色々な疑問があるでしょ?だからまた後日ゆっくり説明しますね。今日はエレガントなバラプレートを体験でお作りになったAさん。お友達のご紹介でのご来店です。最初からこのバラ転写紙をお気に入りで作業開始! 順調に進み完成! ・・・・・したのに突如「先生やり直していいですか?」 バラの花が中央に集まってきれいにできたプレートだったのですが、Aさん最初から作り直しましたよ。転写紙を貼ってみて、「う~ん何かが違うな」と思ったら潔くやり直しし納得のいく作品にした方がいいですね。出来上がったプレートはバラの花が対角にまとまっているプレートで余白の白磁の白がバラと融合してきれいですね。そして次回の作品には3足の宝石箱をゲットしました。貼る転写紙も決めて、スポンジングまで自分でやっての体験コース終了です。私も作品を作っていて「まぁ~いいか」で妥協してしまう時が多々あるんですよね。だから見習わなきゃって思いました。Aさんのいさぎよさに拍手です。 ...

もっと読む
DSC04769

2014年11月6日 ティータイム

ポーセラーツ長野 横山まゆみです。 街はハロウィンから一気にクリスマスに早変わりしてイルミネーションがキラキラしてますね。毎年この時期はいつも韓国に遊びに行っていたのに・・・今年は楽しくサロンでみんなでおしゃべりしてます。昨日のレッスンは大勢で楽しかったですよ。びっくりした事があったのですが、それは作品の焼成ができた時にお話ししますね。ところでサロンにお越しの方はご存知だと思いますが、レッスンの間にティータイムがあります。その時のスイーツはできるだけ、私が作っています。実はスイーツやお料理が大好きなんです。10月はクリームチーズを使ったケーキ11月はカボチャを使ったスイーツを中心にそして12月は・・・・と季節を感じるスイーツをと考えています。一昨日の午後知り合いのパン&ケーキの先生にクグロフのレッスンを受けてきました http://ameblo.jp/pandme/  だから昨日のレッスンのスイーツはもちろんクグロフです。クグロフってフランスの東北部、ドイツとの国境付近に位置するアルザス地方の伝統菓子なんですよ。皆さんも見たことがあるでしょ?ドライフルーツが沢山入っていて山に雪がかかっているようなお菓子です。(クリスマスのイメージがありますね。)そのお菓子をお出しした時の皆さんの歓声!! 食べた時の歓声!! 「売っているものみたい」と最高の褒め言葉を頂きました。あ~今日のレッスンも楽しかった。 ...

もっと読む
DSC04748

2014年11月5日 努力賞のバック

ポーセラーツ長野 横山まゆみです。今日は人気のバッグ型をお作り頂きましたOさんの作品なんですが、よ~く作品を見てくださいネ。実はこのバックはとても努力されたんですよ。と言うのはお花の転写紙の背景が黒だったので、ハサミとカッターで丁寧に黒を切り取り分解されたのです。下の写真がその転写紙なんですが、背景が色があるとどうしてもベタ貼りになってしまいがちですが、丁寧にコツコツと分解されていくことでハサミやカッターが身近になります。手をかければ掛けるほど出来上がりの感動はUPする事間違いなしで、思い出深い作品になります。ポーセラーツと出会い、基本の貼り方をマスターさえすれば、作品を作る度に確実にステップアップできます。私は一生懸命カットしている時のOさんの顔が多分一生忘れられない思い出になります。「努力賞です」 ...

もっと読む
DSC04745

2014年11月4日 紅葉

ポーセラツ長野 横山まゆみです。今家の周りはすっかり紅葉してとても綺麗です。この大きな画像は我が家の庭の紅葉なんですが、日々忙しくてゆっくり紅葉を鑑賞する時間無いような・・・・ダメダメゆっくり穏やかな生活を楽しなきゃ!と自分に言い聞かせてます。先日も娘夫婦がおばばちゃんを連れて大町の霊松寺(http://www.reishoji.jp/)とか言う所に紅葉を見に行ってきたのですが、帰ってきたおばばちゃんはすばらしかったようで、ずっと紅葉の話しが止まらずです。また娘夫婦は二人とも写真を撮るのが上手くて綺麗な写真を沢山撮ってきましたので見てくださいね。婿の国、オーストラリアでは紅葉が無いんですって。水が少ない事や寒暖の差が無いこと、高い山が無いこと、紅葉する木が少ないことなどが原因なので、長野の四季はすばらしいを連発です。ずっと長野に住んでいるので、自然の移り変わりは当たり前になってしまってますネ 今日は久しぶりにレッスンが無いのでゆっくりと運動公園に散歩でもして紅葉を見に行ってきま~す ...

もっと読む
DSC04721

2014年11月3日 転写紙選び

ポーセラーツ長野 横山まゆみです。沢山ある転写紙の中から気に入ったものを選べば・・・と一言で言っても、転写紙が沢山ありすぎて選べないと仰る方がけっこういます。転写紙を見れば見るほど頭の中がグチャグチャになって、作りたいイメージが分からなくなってしまいます。そんなビギナーの方には体験用の転写紙シートがあるんです。小さなシートなんですが、貼りやすいようなデザインの転写紙なのでその中から選べばステキな作品ができます。今回の生徒さんKさんは転写紙を色々見ていたのですが、この体験用転写紙を使用されました。小さな用紙の中から好きな柄を選んで貼っていくので比較的スムーズに作業は進みます。仕上がりも上品です。以前転写紙選びに1時間近くかかってしまった生徒さんもいたので、体験用転写紙も用意してあるんですよ。でもこれは、SOSが出た時だけ出動する転写紙ですから、皆さんは転写紙選びを楽しんでくださいね。そしてどんな作品にしたいかイメージできない方の為に、私は「和・洋のどちらにしたいですか?」「エレガント・可愛い感じのどちら?」とお聞きします。そこから紐解くと絞られて来ますよ。 ...

もっと読む